島根県ママさんバレーボール連盟規約
        第 1 章  名     称
第 1 条  本連盟は、島根県ママさんバレーボール連盟と称する。
        第 2 章  目     的
第 2 条  本連盟は、島根県バレーボール協会に属し島根県下における家庭婦人相互の親睦及び技術の
        向上を図り、併せて斯道の発展普及に寄与することをもって目的とする。
        第 3 章  組     織
第 3 条  本連盟は、島根県下の家庭婦人バレーボールチームをもって構成し、その組織は別表の通りと
        する。
第 4 条  本連盟は、その公示する所在地を理事長の所在地に置く。
        第 4 章  事     業
第 5 条  本連盟は、第2条の目的を達成する為に次の事業を行う。
        1 島根県下家庭婦人大会の開催
        2 島根県協会の行なう事業への協力
        3 審判、指導講習会の実施
        4 バレーボールに関する印刷物並びに用具の斡旋
        5 その他、目的達成のために必要と考えられること。
        第 5 章  役     員
第 6 条  本連盟に次の役員を置く。
        1.名誉会長 1名   2.会長 1名   3.副会長 若干名   4.理事長 1名   
        5.副理事長 若干名   6.常任理事 若干名   7.理事   8.顧問 若干名   
        9.参与 若干名    10.専門委員長 若干名   11.監事 2名   12.事務局長 1名
第 7 条  役員の選出方法及び役割分担は次の通りとする。
        1 会長、副会長は総会において推薦し決定する。
          会長は本連盟を代表し会務を統括し、副会長は会長事故あるときはその職務を代理する。
        2 理事長、副理事長は常任理事の互選とし、総会において承認を得る。
          理事長は連盟の会務の執行の責に当たる。
          副理事長は理事長を補佐し、理事長事故あるときはその職務を代理する。
        3 常任理事は、会長が推薦するものと各地区の推薦するものをもって構成する。
        4 理事は加盟チームの代表をもって構成する。
        5 顧問、参与は会長が推薦し、総会において承認を得る。但し任期は最高3期とする。
        6 監事は常任理事会において常任理事以外の者を推薦し、会長がこれを委嘱する。
          監事は、会計を監査する。
        7 事務局長は常任理事の中から会長が指名する。
第 8 条  各役員の任期は二カ年とし、再任は妨げない。欠員補充により就任した役員の任期は、前任者
        の残任期間とする。
        第 6 章  会     議
第 9 条  本連盟に次の会議を置く。
         理事総会
         常任理事会
第 10 条  理事総会は、加盟チームの代表をもって構成し、本連盟の基本方針を審議決定する。総会は毎
        年一回開催し、会長が招集し議長となる。
第 11 条  常任理事会は会長、副会長、理事長、副理事長、常任理事をもって構成し、会長が招集し、理
        事長が議長となり一般の業務を協議処理する。
第 12 条  会議は構成員の総数の2分の1以上の出席がなけねば成立しない。会議はその出席構成員の
        過半数の決議による。
        第 7 章  登     録
第 13 条  本連盟加盟チームは本連盟に登録しなければならない。
        第 8 章  会     計
第 14 条  本連盟の経費は、加盟チームの会費(登録料)及びその他の収入をもってこれに当てる。
第 15 条  会費(登録料)の金額は、毎年総会において定める。
第 16 条  本連盟の会計決算は毎年度終了後監事の監査を経たうえ総会の承認を得なければならない。
第 17 条  本連盟の会計年度は、毎年1月1日に始まりその年12月31日に終わる。
        第 9 章  附     則
第 18 条  本規約の改正は、総会において3分の2以上の同意を得なければならない。
第 19 条  本規約は、昭和57年2月20日から実施する。
        本規約は、平成7年2月26日一部改正。
        本規約は、平成21年3月1日一部改正。
        本規約は、平成24年2月26日一部改正。
        本規約は、平成26年2月23日一部改正。
        本規約は、平成29年2月19日一部改正。


戻る