阿用の地名の由来
 『阿(あ)用(よの)郷(さと)。郡家の東南13里80歩なり。古老の伝へに伝へらく。

昔、或る人、此の処の山田を佃(つく)りて守(も)りき。

爾(そ)の時、目一つの鬼来て、佃人(たつくるひと)の男(おのこ)を食へり。

爾(そ)の時、男の父母、竹原の中に隠れて居(お)りき。

時に竹の葉動(あよ)げり。爾(そ)の時、食はえし男、

「動々(あよあよ)」と云ひき。故(かれ)、阿(あ)欲(よ)と云ふ。』

                                   【 出雲風土記抜粋。神亀三年に、字を阿用と改む 】
 
阿用郷は今の阿用地区に西阿用、清田、金成、大木原及び久野地区を含む広い地域をさした。

この伝承に見られる目一つの鬼の妖怪伝説は珍しく、風土記では阿用郷以外にはない。

阿用郷の地名は妖怪に犠牲になった男の、親を思う気持ちがこめられためずらしいものである。
 戻る
 Copyright 2009 Ayou. All Rights Reserved